サプリメントを活用しましょう

サプリメントを活用しましょう

多くのサプリメントが開発、発売されている中で、ブルーベリーに由来するアントシアニンが主成分の、眼精疲労に効果があるとされるサプリメントは、変わらぬ人気の商品となっています。

PCやスマートフォンの普及により、私たちは、一日中ディスプレイ画面を見ているような生活をしているようになりました。

部屋の明かりは非常に明るく、暗い環境で勉強するなどといったことはなくなくなりましたが、手元近くの物ばかり見るようになった私たちは、急速に視力が弱くなってきています。

全身の運動と違って、疲労感が限定的である眼精疲労に対して、私たちは今まで認識が甘かったようです。

長時間眼ばかりを酷使することをやめ、適切な休憩をとること、眼の表面の乾燥にも十分に注意を払うことなどが求められています。

一晩休んでも取れない眼の痛みや違和感、眼の奥が熱くなるような症状は、そのままにしておくと、様々な全身症状を引き起こし、ひどい場合は、抑うつ症状にまで発展してしまうケースもあるようです。

足らない栄養を補う上でも、そして強い抗酸化作用で、免疫力を補う上でも、サプリメントを上手に活用したいものです。

ブルーベリーが良いと言われる理由

様々な植物に含まれている紫色系の色素の1つ・アントシアニンとは、高い抗酸化作用があるとされるポリフェノールの一種で、全部で20種類ほどあります。

よく眼精疲労に良いとされるブルーベリーには、そのうちの15種類ものアントシアニンが含まれています。

アントシアニジン、糖、酸を主要な成分とするアントシアニンは、その3成分の組み合わせの比率によって、赤色から青色まで様々な色が作られていて、ポリフェノールが多く含まれるとされるブドウや赤キャベツ、ナスや黒豆などにも多く含まれています。

眼精疲労にブルーベリーのサプリ

アントシアニンは、抗酸化作用により免疫機能を高める働きとともに、眼から取り入れた光を脳に伝達する働きを持つロドプシンというたんぱく質の合成を助けることで、眼精疲労の予防に役立つとされています。

アントシアニンを多く含むサプリメントの人気が高いのは、その抗酸化作用により、動脈硬化の予防や老化防止の役割が期待される上に、目の働きを助ける効果が高いからでしょう。

サプリメントを摂っていれば万全という訳ではありませんが、足りないものを補って、さらに効果が期待できるなら、利用しない手はないでしょう。